長崎原爆の日

b0148465_10193884.jpg

8月9日 雨の長崎原爆の日です。

72年前、夫の母方の祖父が原爆の犠牲になりました。

家族が仕事先に安否を確認に行ったところ姿は無く 下着用に作った手ぬぐいの燃え残りで辛うじて身元が確認出来たそうです。

大工さんで優しい方だったとか.....

息子が大工仕事が得意なのは その方の遺伝子かもしれません。

今日の雨は原爆で焼けた方達の喉を潤すために降るのかも.....

子供の頃、誰も居ない防空壕の中から「水を呉れー」と訴える声が聞こえ お水をお供えしたと言う話を耳にしたものです。

当時大学病院で看護婦をしていて被爆した親類の人はガラスの破片が未だ体内に残っていて 今でも皮膚から出てくるのだとか....

私は原爆にはあって居ませんが 全校生徒と職員全てが犠牲になった小学校に入学したので 校庭に残る傷跡を子供心ながら痛ましく思ったのを覚えています。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしたいとおもいます





[PR]
by fuchanmama | 2017-08-09 09:03 | つぶやき | Comments(0)

夕日が美しい部屋からの便り


by fuchanmama