鶴の北帰行

b0148465_12552691.jpg

石積み作業をしていた息子の「鶴だよ!」という声に
大急ぎで外へ出て 空を見上げると 鶴の群れが大野岳の上空をクルリと回った後 カギ型に列を成して北上して行きました。

大野岳の上昇気流に乗って飛ぶのだそうです。

青く澄んだ大空を「クルルークルルー」と鳴きながらシベリアへ帰って行く鶴の群れ!

ドラマティクな渡りは感動を覚えます。

鹿児島の出水市で越冬した鶴の北帰行は2/12〜13日に始まり4月の上旬には殆ど帰ってしまうそうです。

私達が住むこの地域の上空が北帰行のルートに含まれているようで 運が良ければ見ることが出来ます。

昨年私は出遅れて見逃しまましたが 息子は何度も遭遇して居るようです。

うまく写真を撮れなくて残念に思っていたら 丁度TVに鶴の画面が映りお借りしました。

遠い遠いシベリアまで長い道のりです。

鶴の世界も大変だなぁ〜と切なくも思えて....



[PR]
Commented by mackworld at 2018-02-24 17:29
■高齢の画家で陶芸家さんが鹿児島出水の住人でブログの知人でした。
一斉に飛び立つ姿は壮観ですとよくブログで紹介されていたのを思い出しました。
Commented by fuchanmama at 2018-02-24 18:12
mackさん

出水の方たちがお世話をなさって鶴の数も増えたそうですね。

空を飛ぶ姿に感動しましたが一斉に飛び立つ姿を見たらもっと感動して泣いてしまいそうです。
by fuchanmama | 2018-02-24 12:54 | つぶやき | Comments(2)

夕日が美しい部屋からの便り


by fuchanmama