<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

お美味しいお店見っけ!

b0148465_2314307.jpg


気温が上昇して4月の陽気!と云うから セーター一枚で外出した私がバカでした。
冷たい風が肌を吹き抜け ぶるぶるっと震えましたよ(笑)
病院に大判のストールを置いていたので 帰りは大丈夫でした。
暖かいととは言え 未だ2月ですものね。

先日帰宅途中、野菜不足なのかお鍋料理が食べたくて 電車を途中下車し 日頃、看板が目に付いていた豚料理のお店へ入りました。
メニューにある「梅豚しゃぶ」を注文したら「お二人様からのご注文」なので....とスタッフの女の子に断られ 「どうしても鍋料理が食べたくて寄ってみたの!」と泣きついたら 調理場と掛け合ってくれてOKが出ました。
梅味の豚しゃぶ、さっぱりしてとっても美味!!
たっぷりのレタスもシャキ感が堪らない!
最後の雑炊も平らげて 大満足のお味でした。

翌日、病院に来た姉にも其の美味しさを味あわせたくて 又其の豚しゃぶのお店へ直行。
私と違って少食の姉も すっかり気に入り カクテルなんか二人で飲んだりして 完食です。
上機嫌でお店を出ようとした時、厨房で調理していた方が駆けて来て「昨夜に続き2日もご来店ありがとうございます」と頭を下げられたのには 感激でした。

居酒屋風の其のお店、学生らしき若者や 若い女性で大賑わいでしたが 店主の気配りが漂うお店の雰囲気が好まれているんでしょうね。
焼き鳥、田楽、美味しそうな品が書き連ねてあるメニュー、全部食べてみたいね!と姉と話しています。 
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-27 23:58 | つぶやき | Comments(2)

ショートカット!

b0148465_10203332.jpg


日めくりカレンダーの言葉に頷いたり 首を傾げたり.....
逃げ月!と云う通り2月はあっという間に過ぎた様な気がします。

母の転院も決まり大学病院へ通うのもあと、一週間。
次の病院はバスを乗り継いで通わなければなりません。
母は其の病院でも私の付き添いが可能か?しきりに心配してますが 10時から8時まで付き添い可能!との事 私が解放される日はまだまだ遠いようです(笑)

気分転換に!と院内の美容室にお願いして母の髪を短くカットして貰ったら すっきりとモダンなヘアースタイルに変身!
もう、慌てて帽子を被る手間も省けました。
ずっとカツラ生活だったのでウン十年ぶりのカットだとか.....
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-27 10:39 | つぶやき | Comments(2)

病院の様子。

b0148465_10342155.jpg


八重のクリスマスローズも満開です。

午前中家事をそこそこに済ませ 11時前に出かけ 夜9時頃に帰宅する毎日。
パソコンの前に座る時間が無い!

今週中には母も別の病院へ転院です。
今の大学病院みたいな環境は望めそうに無いけれど 致し方有りません。
転院するまでの数日間だけでも.....と特別室に移りましたが まるでホテル並みの部屋に驚きです。
毎朝、新聞が届き 食事の器がプラスティックから有田焼に変わります。

先日、息子に売店でティッシュを買って来て!と頼んだら「お婆ちゃん用だから これ買うしか無いかな?と思ったんだ」と「セレブ」という上質のティッシュを買い求めて来て大笑いしたんですが 昨日、其のティッシュが終わりになり 姉が売店に行きました。
戻って来たその手には「セレブ」が。
「淳君がセレブを買ったのに 私が質を落とす訳にはいかないでしょう!」と苦笑い!

ティッシュひとつにしても 色んな思いが行き交うのが面白い!
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-25 11:00 | お気に入りの花 | Comments(2)

友の怪我!

b0148465_22101025.jpg


カントリーウエスタンのバンドを組んでいる高校の同級生F君のライブに行く予定でしたが 一緒に行く筈のS子さんと連絡が取れない!
何度目かの電話でやっと通じたら 声がやけに小さい!
それもその筈、骨折で入院していて病室からの電話とか.....
彼女は昨年暮れから3度目の怪我になります。
12月、車止めにつまずいて 右足首骨折。
ひと月程した1月半ば、治りかけた頃、次は切り株につまずいて 左大腿部と左手を裂傷で手術。
其の傷も癒えない2月初め 今度は又ブロックにつまずいて左膝を骨折。

電話では詳しい事が分からないので 近くの神社にお参りをして 病気治癒のお守りを貰い 病院に駆けつけました。
こんなに怪我が続くのは お祓いをした方が良いかな?と思ったので 代わりにお参りです。

気丈なS子さんはケロリとしていて ホッとしたけれど 裂傷が完治していないので骨折の手術は出来ないとの事。
骨が固まるまで2ヶ月は入院とか.....
「早く帰りたいよぉ〜」と嘆く事しきり!

つまずいた時の状況を聞いてあきれました。
10kの玄米を傷の有る方の手に持ち 片方の手にお財布を握りしめて 精米所前の入り口のブロックに足を載せたら 其のブロックが固定してなかったらしく ステンコロリン!
それでも お米の袋はしっかり持ってたそうな(笑)
5kのお米でも重くて持てないのに 10kなんて無茶ですよねぇ〜

次々と同級生が怪我や病気で入院したのはショックですが そう云う年齢になって来たと云う事かな?
気持ちは若いつもりでいても 体力は確かに低下しているのでしょうね。

友の病院、母の病院とバスや電車で移動して忙しい1日でした。
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-21 22:51 | つぶやき | Comments(2)

悲しい知らせ。

b0148465_9432398.jpg


親しい友からの訃報の知らせに 哀しみと寂しさで茫然自失の状態です。
ご主人の容態が良く無い事は聞いては居たものの こんなに早いお別れが来るとは.....

今日は思い出の品を身に付けて 彼のご冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-20 10:09 | つぶやき | Comments(1)

飛ぶ心!

b0148465_10234991.jpg


毎日長時間の看病、少々疲れが出て来ました。
姉が見舞いに来たのを機に「ちょっと外出して来るね!」と 病院を抜け出し近くのショッピングセンターへ。
そこには気に入った雑貨屋やパン屋さんがあります。

早速見つけたのは 「水に手を浸けずに お米を研ぐのも 水を切るのも これ一本」と云う「米とぎ」
とボール、それに パッと置いた時にゆらゆらとスイングして立つしゃもじ。
冬場のお米研ぎは 水の冷たさが心臓まで伝わりそうでヒヤヒヤしてたから これで安心です。
めぼしいお店をひと回りし、焼きたてのパンを買おうと列に並んでいると 携帯が鳴り 「母が呼んでるよ!」と姉の声。
時計を見ると2時間が経過していました。
タクシーで急いで戻ると私の顔を見て安堵した様な母!

隣のベッドで寝ている同級生のS君が 「お母さんは君じゃないとダメみたいだよ!」と笑ってました。

母がいる病室は モニターが付いてる広い部屋で 4人部屋、それも男女同室です。
病状が落ち着いた人、手術を受ける人、頻繁に入れ替わります。
看護師さんの行き来も激しく 仕切りのカーテンが開いたままの時も多く、母は向かいの男性とお見合い状態になります。
それがとっても嫌みたいで カーテンを閉めて!と苛立ちます。
「人が見えた方が寂しく無くていいじゃないの!」と云う私に「あちらもお婆さんの顔なんか見たくも無い筈よ!」と言い返し 爆笑です。

「明日も来てね!」
お休み!と云って帰る私に そう云って手を伸ばす母の顔が浮かび 家事をそこそこに済ませて病院へ駆けつけますが 病院に居ると 「お留守番していてね!」と声をかけると 首を傾げて見つめたマロンの顔が浮かんで.....
私の心は あちらこちらに飛んで 落ち着かない!
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-18 11:12 | つぶやき | Comments(3)
b0148465_9583927.jpg


午後から雨になりそうな空模様です。
坂道の多い長崎、雪が積もると動きが取れないので 毎朝、ハラハラし乍ら空を眺めますが 積雪でお困りの地方の方には申し訳ない程 穏やかな日々を過ごせています。

母は痛みの生じる箇所を温めてもらったら 少し楽になったようで 私に助けを求める回数も減り スヤスヤと眠ってくれます。
処置をして貰ってる間に 談話室で待機しますが 港に行き来する大型連絡船の動きが見える程 眺めが良く、陽当たり良好で 気分転換には最適の場所です。
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-17 10:27 | つぶやき | Comments(2)

甘えん坊ばかり?

b0148465_22152813.jpg


母の看病をし乍ら 鶴を折ったり 絵を描いたりして過ごします。
時折、「見せて!」と母も興味を示します。

バレンタインデーの昨日は夕食にチョコが3個付き お見舞いに来てくれた母の友人から可愛いチョコも戴き母は嬉しそうです。

時々襲って来る痛みに耐えきれず声を上げる母の手を握り締め、痛む場所を撫でると直に痛みは治まります。
そんな事の繰り返しで時は過ぎて行きますが 「玲子が帰ったらどうしよう?」と心細そうに云われると辛くなります。
ナースコールのボタンを握らせて 「看護師さんを呼ぶと良いよ!」となだめても「玲子みたいに撫でてくれるかなぁ〜?」と不安気。
付きっきりで看護し過ぎて 甘やかしたかな?と反省です。

もう一方の甘えん坊、マロンも連日のお留守番でストレスが溜まったのか ドッグフードを食べません。
可哀相なので帰宅後、暗い夜道を散歩に連れ出しました。
かけっこしたりして暫く遊んだら 気が済んだのか カリカリと音を立ててフードを完食!
ヤレヤレです。
今夜は冷えるので ダウンのパーカーで防寒です。

b0148465_22524433.jpg


そんなこんなで私の夕食は10時過ぎ。
コンビニにもスカイレストランにも飽きて やっぱり自分で作った夕食が美味しい!
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-15 23:24 | つぶやき | Comments(2)

狭い長崎(嬉)

b0148465_1285543.jpg


戴いた自家製の立派なレモンを絞って 豚トロ焼き肉。
一緒にキャベツもたっぷり焼いて 朝から元気モリモリです。
少々疲れて来たので 栄養補給!!

昨日、面白い出来事が....
母の隣のベッドに新しい患者さんが入院。
仕切りのカーテンが開いているけど お顔を見るのは失礼かと眼を伏せて通り過ぎていた所 其のお方が私に手を振るのです。
よくよく見ると、何と!中学の同級生S君です。
帰郷して一番最初に焼き鳥を食べ乍ら再会を喜んだ仲間のひとりです。
心臓の発作で倒れ 3日間生死を彷徨ったとかで当分はベッドで安静だそうです。

話をしている所へ 先程から廊下をウロウロしていた男性がこちらに気が付いて入室してきました。
又ビックリ!同級生のT君なのです。
心臓の手術を終えて 退院間近とか.....
「まるで同窓会みたいだね!」と 看護師さん達も大笑い!

大きな病院なのに 同級生が3人揃うなんて確率高いなぁ〜なんて思い乍ら売店へ向っていると ヨガのお仲間にバッタリ出逢って 又ビックリ!
狭い長崎、楽しさいっぱいです。
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-15 12:44 | つぶやき | Comments(5)

病室の様子。

b0148465_1425875.jpg


「今日も来てくれたのねぇ〜」満面の笑みを浮かべて 私の手を握りしめる母の顔を見ると 病室を訪ねて良かった!!と喜びを感じます。

なるべく昼食と夕食は私が手を添えたいと思っているので 病室に居る時間が長くなります。
建て替えられた大学病院は病室の数が多くて 10階西病棟の母の部屋へ夕食が運ばれるのが6時半頃。
夕食の時間としては丁度良い気がします。

それにしても暖か過ぎる病室には参ります。
薄手のセーターでも暑過ぎて 服装が徐々に薄着なり 一足先に春が来た様な感じです。

母は常々カツラを着用していましたが ベッドの上ではそうも行かず 地毛のまま。
それがとっても気になるらしく 何か被せて欲しいと絶えず訴えます。
確かにうんと年寄りに見えて別人の様で可哀相!
あれこれ選んで 茶色の帽子を被せたら暑いらしくて 冷たい飲み物を要求します。
そこで私の提案!
枕元に帽子を用意しておき お見舞いの人が来たら急いで帽子をかぶせてあげるから....と。
母もそれで納得!

3時過ぎ姪がやってきました。
もう何度も母の薄い髪の頭を見ているので 気にも止めずにいると 「早く帽子を!」と催促し「◯◯ちゃんでも見られたく無いのよ!」と云う母。
思わず笑いそうになりましたが どんな状況に居てもオシャレ心は失わない方が良いですね。
[PR]
by fuchanmama | 2014-02-14 02:28 | つぶやき | Comments(2)

夕日が美しい部屋からの便り


by fuchanmama